よくあるご質問

焼き餃子のおいしい食べ方

1.フライパンをよく熱します

フライパンをよく熱してください。 火を中火にし、お好みでゴマ油かサラダ油をたっぶりとひいてください。 餃子は粉がついたまま 「ミミ」を上にして餃子用同士がくっつかないように並べてください。

1.フライパンをよく熱します

2.熱湯をまわしかけます

熱湯を「餃子の1/4」が浸るくらいまで、注ぎ口の細いケトル等で餃子の粉を落とす感じでそっと注いでください (その粉が最後に羽になります)。 フタをし、強火にして水分が完全に無くなるまで蒸し焼きにしてください(水分が完全に無くなるまで我慢することが、上手に餃子を焼くポイントです)。

3.底がきつね色になったらできあがり

耳をすませて「パチパチ」という高い音がしたらフタを開けてください。フライパンの中のお湯が完全に無くなっていたら、フライパンを揺すってください。餃子が動けば焼けています。 フライ返しで、餃子の底の焼き色を確認してください。こんがりときつね色になっていたら大丈夫です。仕上げにお好みでゴマ油かサラダ油も小さじ1~2杯まわしかけると、さらにカリッと香ばしい食感が楽しめます。

鹿野ファーム産
豚肉

4.お召し上がり方

まずは素材自体のしっかりした味を楽しんでいただくために、何もつけないでそのままで餃子を召し上がってください。 あと、『柚子胡椒』や『レモン塩』、『お酢』や『ラー油』だけで食べていただいても美味しいです。 当店では餃子の『タレ』も販売していますが、そのまま餃子を食べていただくか、餃子の味を引き立てる調味料だけで食べていただくことをおススメします。

蒸餃子のおいしい食べ方は?

1.お湯を沸かします。

お湯を沸かして、沸騰したら餃子を入れます。

2.さらに1~2分茹でます

餃子がういてきたらさらに1~2分茹でます。

3.できあがり

そのままポン酢につけて食べたり、お鍋の具にするなど、お好みでお楽しみ下さい。

2.熱湯をまわしかけます

Infomtion

当店ではお客様に美味しい餃子を味わって頂きたいため、商品の鮮度を最優先に考えております。

生餃子のお持ち帰りには
保冷バッグをご用意ください。

※保冷剤もご用意しております。(有料)お要りの際はその旨をお伝え下さい

あんしん

Infomtion

  • 生餃子の賞味期限  1日
  • 冷凍餃子の賞味期限 3週間

Infomtion

鮮度管理には万全を持って対策を行っておりますが、万が一商品に対する不安やご不明な点がございましたら下記お問い合わせフォームもしくは電話番号にてお問い合わせください。

お問い合わせ
電話:083-902-1877